スタッフブログ

北九州・筑豊で1番上手な縮毛矯正を目指しています。

こんにちは、 匠ヘアーのおいちゃんです。

久しぶりのブログ更新になります。

あまりにも間が開きすぎてしまって、3カ月もたってしまいましたが、更新するって事をすっかりわすれてしまってました。^^;

この3カ月、なにをしていたかと言うと、けっして仕事をさぼっていたわけではありません。

仕事も適度に遊びもほどほどに・・・・・

仕事では前回更新した内容のACC(アルキル・カチオン・コンプレックス)による縮毛矯正やカラーのお問い合わせや、新規のお客様が大変に好評で

すごく忙しい日々を送っております。

近隣地域はもとより、小倉北区・田川・飯塚等からのご予約・ご来店があり、とてもうれしく思っております。

中には遠く海峡超えた下関からのお客様もいらっしゃいました。

おいちゃんとしましては、精一杯の技術でお答えさせて頂いております。

大変、好評のACC(アルキル・カチオン・コンプレックス)・FC(フォーム・ケア)も一部、内容仕様の変更もあり、さらに良くなって

益々好評を頂いております。正直これほどの結果って中々出ないと思っています。

やってみて、使ってわかるACC・FC。普通のトリートメント等とは完全にレベルがちがいます。

多分、北九州・筑豊地区ではこれに勝てる仕上がりの縮毛矯正・カラーリング・デジタルパーマ等は無いのではないでしょうか?

 

先日ご来店の新規のお客様。  クセはそんなに強くはないのですが矯正とカラーのダメージがかなりあって、他店ではおことわりされる事もあるそうです。

あまりの仕上がりの良さに終わってからもしばらく立ち上がって飛んだり跳ねたり、めちゃめちゃうれしそうでした。^^

 

 

 

大好評により品切れ中だったロコリーオイル&ロコリーバターも大量入荷で益々最強状態です。^^

北九州でACC(アルキル・カチオン・コンプレックス)を使った酸性縮毛矯正に自信のある匠HAIR TAKAHASHIです。

こんにちは、匠HAIRのおいちゃんです。

当店ではACC(アルキル・カチオン・コンプレックス)を使った酸性縮毛矯正のお客様が非常に多くご来店していただきます。

では、なぜACC(アルキル・カチオン・コンプレックス)を使った酸性縮毛矯正がそんなにいいのか?なぜお客様の支持が高いのか?

それは、結果がすべてを物語っています。

北九州・筑豊地域では酸性で縮毛矯正を綺麗に伸ばせてなおダメージが極力少なくできるサロンさんが極めて少ないです。

酸性の方がダメージが少ないけど、酸性で伸ばすって事がみなさん上手く出来ていないようですね。

多くのサロンさんが化粧品登録の薬だからダメージ少なくて安心?とかってゆう都市伝説みたいな理由でシステアミンベースのお薬をメインで使ってるみたいですが、

化粧品登録だから傷まないとか、ダメージ少ないとかは絶対にありませんし、しかも酸性でもありません。

当店ではよほどの事が無い限り酸性のお薬しか使いません。酸性だから安心って事でもないのですが、

アルカリよりは直接のダメージの減少や残留アルカリによる施術後のダメージの進行を防ぐ事ができるからです。

いままでとは違った縮毛矯正を体験してみたい方はぜひ一度当店の酸性縮毛矯正をしてみませんか?

カチオンコンプレックスによる、自然なツヤとサラサラ感の維持。きっと、世界感が変りますよ。

P1020626P1020629

いい美容室、悪い美容室。上手な美容室、下手な美容室。

こんにちは、匠HAIR TAKAHASHI のおいちゃんです。

いい美容室、悪い美容室の違い? 

上手な美容室、下手な美容室の違い?

これを考えて行きたいと思います。これには、お客様側とお店側でかなりの見解の相違があったりします。

まず、お店側からみるといいお店って何?って所なんですが、お店の考え方・趣旨・方向性いろんな事柄によって変ってくるものです。

高料金を取ってコストもそれなりにかけて、他店との差別化を考えるお店や低料金でお客様の負担を軽減するけれど内容は薄いお店だったりとか。

でも、どっちがいいとは言えないですよね。お客様が求めるものがそこにあって、なおかつ内容に満足していただければそれでいいのではないでしょうか?

例えば、自分達技術者側からみて、コンクールで優勝したりしてすごくカットが上手いオシャレな美容師とか思う人がいても、お客様によってはその人がカットしたヘアスタイルより、

近所の古い感じのおばちゃん美容師や低料金のいい加減な斬切りカットの方が自分に向いてるし、家で自分でスタイリングもやり易いとなれば、カッコや講釈や料金差も関係なく

そっちの方がいいとなるでしょう。ようは、そのお客様のニーズに合って満足度が高ければそれでいいにこしたことはありません。

それをふまえたうえで、敢えて言いたい事は値段ってのは商売をしてるかぎりそれなりってことです。

カット料金が¥1000のとこで、ああしてこうしては通用しないし、その技術もないでしょう。だからって¥4000のとこでもできる所とできない所があります。

カットだけじゃなく、パーマやカラー縮毛矯正等でもおなじです。

料金の安いお店ではコストをかけないようにしています。例えば¥2000のカラーでは安い市販品に近いようなカラー剤を使っていたり、¥7000の縮毛矯正では薬剤を薄めて使ったりしています。

基本的に満足のいく物ができるかと言えば、ちょっと?が付きそうな感じです。だからといって¥8000のカラーや¥15000の縮毛矯正なら大丈夫かって言うと、そこはお店の技量なり方向性によって

大丈夫な所と全然大丈夫じゃ無い所もあります。

以前、うちはクリニックサロンですごく傷まないようにしますよって宣伝してるお店でぐちゃぐちゃに酷いダメージヘアにされてきたお客様がいて、そのお店に電話してどうゆう仕事してどうゆう薬剤を使ったのか

聞いてみた事があるのですが、そのお店の店長さんは薬剤の種類とか強さとかを全然把握していなかったし、なぜそんなにダメージがでてしまったのかすら理解していませんでした。

宣伝とか見た目とかにだまされる事もあるんですね。

ようは、それなりに高い料金取っていても、見た目やなんかがカッコよく今風だったりしても中身の問題なんですね。

お客様1人1人の髪質や状態に合わせて、なお要望にたいして的確な技術・薬剤選定等がきちんとできて、常に技術やケミカルに対しての勉強して、それでいて料金がそれなりな所が、

お客様にしたら一番いいお店なのではないでしょうか?

そうゆうお店を目指しながらがんばっているのですが、中々簡単ではないし難しいのが現状ですが、より一層の向上を目指して行きたいと思っています。

匠HAIR TAKAHASHI 新年最初のお客様は珍しく縮毛矯正じゃなくパーマでした^^;

匠HAIR TAKAHASHI 新年最初のお客様は、珍しく縮毛矯正じゃなくパーマでした。^^;

縮毛矯正を得意としている当店でもパーマもなかなかイケてると思いませんか?

このお客様は硬毛でとても多くだいたいいつもはショートの前下がりボブなんですが、今回はちょっと冒険してパーマをかけてみました。

カラーでのダメージが大きいので、出来るだけダメージを少なく・量が多く硬い毛質なので広がり過ぎないように・自然な感じを心がけて・手入れが楽なように

ってリクエストでやってみました。ACC(カチオンコンプレックス)が効いて、ツヤも出て自然でキュートな仕上がりに、お客様も大変ご満足されていました。^^DSC_0563 DSC_0564

匠ヘアーTAKAHASHIの今年、一年を振り返ってみて・・・

こんにちは匠ヘアーTAKAHASHIです。

昨日、30日を持ちまして本年の営業は終わりました。

本年もたくさんのお客様にご来店頂き、支えられて締めくくる事が出来ました。

誠にありがとうございます。

今年を振り返ってみて、まず昨年から継続して通っていたg・D・Cのカット講習が修了しました。

いままでに勉強してきた事に加え新たな理論・テクニック等を学ばさせて頂き、カット技術の向上に大きく進歩しました。

そして、以前より取り組んでいたストパン。この技術の向上で今までに無い自然なカールの縮毛矯正技術の会得ができ、幅広いスタイルに対応するようになりました。

そして、ACC(アルキル・カチオン・コンプレックス)のフォームケア登場によって、益々の矯正技術・カラーリング・トリートメントの向上・お客様のホームケアの向上による

次回来店時のダメージヘアの減少等、非常によい方向にむかっていった年でした。

そのおかげで、この世知辛いご時世の中、売上も昨年比で若干でしたがアップ出来ました。

一般的には、熊本で大きな震災があったり年末には新潟で非常におおきな火災があったりと不幸な事もあった一年でしたが、

いろんな方のおかげで本年もまた良い一年が送れたと思います。

本当にありがとうございました。

来年は1月6日より通常通りの営業をさせていただきます。

来年もよろしくお願いいたします。弱酸性縮毛矯正P1020532DSC_0403カチオンコンプレックス

カット技術のトレーニングについて・・・匠 ヘアー TAKAHASHIオーナー高橋より

こんにちは匠 ヘアー TAKAHASHIです。

スタッフさん達が多くいるような大型店舗なんかでは、若いスタッフたちがトレーニングしてる光景なんかを目にすることはあるのですが、

例えば、店長・マネージャー・チーフ・オーナーなんてゆうふうに上の立場にいる方たちがトレーニングしてる所って中々みないですよね。

じゃあ、店長とかオーナーになればトレーニングしなくていいの?

おいちゃんはそれは間違ってると思います。 おいちゃんはこの業界に数年間のブランクがありました。

17歳でこの仕事をはじめて全国いろいろな所を3年ほどうろうろした後、九州に戻ってきて22歳で美容室の店長とゆう役につかせてもらって、

26歳でいったん違う仕事について、35歳でまた戻って来たのです。

戻ったのはいいのですが、自分がそれまでに習っていた技術の大半はもう時代遅れになってて、浦島太郎状態でした。^^;

まあ、カット技術についてはベーシックな部分はかわらないのですが、それまでの常識が通用しないようなスタイルが当時流行してて、正直途方にくれました。

このままではいけないと思い、もう一度と思ってカットの講習会にベーシックから入りなおして若い人たちに混ざって練習して、やっとなんとか理解していく事が出来ました。

しかし、その時に思ったのは数年前にやっていたから、ベーシックなんて簡単にこなせるだろうと思っていたのですが、頭ではわかっていながらきちんとできていない事に気づいたのです。

真直ぐに綺麗に切るとゆう単純な事が、長い間に人間って慣れや姿勢が悪い事でだんだん出来てないんですね。自分では出来てるつもりでも、肘が下がっていたり目線が合っていなかったりで

ベーシックが出来ていない事にきづきました。それからは5年に一回はベーシックからカットの講習に行って自分の基本を見つめ直しています。

本当は店長だろうがオーナーだろうが、トレーニングってのはずっとやっていかなくてはいけないんですよ。お客様でトレーニングしてはいけないんですよ。

上に行けば行くほどやらないといけないんですよってお話でした。^^

匠 HAIR TAKAHASHIの先日の田川市からのご新規様

こんにちは、匠 HAIR TAKAHASHIです。

先日、田川から新規でご来店のS様。遠い所をありがとうございます。

いつも行ってた所で2ヶ月前に縮毛矯正されたらしいのですが、バサバサでまとまらなくてどうにかしてもらえますか?って事。

お任せ下さい。当店のアルキル カチオンコンプレックスを使用した酸性縮毛矯正ならツヤツヤ・サラサラでダメージも最小限に抑えます。

で、施術後あまりのツヤ感・サラサラ具合に感激されていました。カチオンコンプレックスのホームケアバージョンのフォームケアもお買い上げいただきました。

しかも、岡山に在住のお姉様をどこかに紹介できないかとゆう事で、

おいちゃんの友人でもある鳥取の縮毛矯正の達人のお店にご紹介。その後3日程で紹介先からご予約の連絡が・・

見事にお姉様も鳥取の達人の矯正にご満足いただけたみたいです。(^^)

 

DSC_0396DSC_0401

 

 

 

カットコンクールで日本一になったことがある美容師がする、シャンプーの話

匠 HAIR TAKAHASHIのたかはしです。

お客様との会話の中で、シャンプーの話が出てくる事があります。

「良いシャンプーってありますか?」とか、「どんなシャンプーがいいのですか?」

って聞かれる事があるのですが、おいちゃんの答えは「逆にどんなシャンプーが良いシャンプーなの?」

って聞き返すと、大抵の方が???って感じなんですが、おいちゃんが思うに一般の方たちが思う良いシャンプーと

おいちゃんたちプロの見る良いシャンプーの基準が違いすぎると思うんです。

多分、みなさんの良いシャンプーってのは、匂いが良くて・洗った後がツルツルサラサラになるシャンプーってのが良いシャンプー

らしいのですが、おいちゃんは汚れや皮脂が落ち過ぎない程度に綺麗に落ちてくれるシャンプーなら何でも良いのでは・・・と思います。

「ノンシリコンを使うと軋んでしまってバサバサになる。」ってのもよく聞きますが、シャンプーってそもそも汚れを落とす物なんで軋んで当たり前だと思うんです。

シリコンやオイルが大量に入っている物を毎日使って上塗り上塗りかけていって、いつおとすのでしょうか?

シャンプーで綺麗に落として、後でアウトバスのトリートメントなんか付けてツルサラにするってのはわかりますが、シャンプーでツルサラになるってのはちょっと違うと思います。

はじめまし・・・た!

このたび、匠ヘアーたかはしはHPを新しく作成しました。

そのHPブログなる物が付いておりまして、とっても苦手なのですがこれから更新していこうと思っています。

まぁ、たいして読んでくれる人もそう多くはないやろうけんが、お店や仕事の事・釣りやワインや音楽等の趣味・うちの親分の”にゃん太”等々

のことを中心に好きな事を書いていこうと思っています。

炎上上等!!

匠 ヘアー TAKAHASHIがBLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

匠ヘアーたかはし